浄土宗とは?

浄土宗とはどんな事を教えているのか?

私たちは頭では理解していても行動がついて行かない事が多くあります。身近かなたとえですが、やらなければならないのに楽を求めてしまうなど、日々をかえりみればあれもこれもと思い浮かびます。深くみつめると、弱い心の私がそこにいます。

人間の心の弱さは、現代の人も昔の人もさして変わらないようです。浄土宗開祖/法然上人は、「難しい修行を出来る人だけが救われるのであれば、出来る人は稀で出来ない人の方が圧倒的に多い・・・・」としています。

上人は自分も含めて人間の弱さを深く見つめ、阿弥陀さまにすがる以外に、往生のみちも、救いの道もないとしたのです。上人がもとめたものは、あらゆる人々がわけへだてなく救われる道・教えでした。
特に当時を生きていた人々は仏道に入る縁もなく。まして仏の教えにふれる機会は皆無という状態でもありました。社会背景にしても戦乱や飢餓が続き、心安らかに生活して行く事が困難な時代でした。
法然上人がたどりついた称名念仏の教えはこうした苦しみに喘いでいる人々の心に明るい明るい光をあたえました。ひるがえって、現代の私たち自身は?私たちの生きている今は?どうでしょうか。社会全体をみわたすと時代は移っていますが人間は本質で法然上人の時代となんら変わってないのです。

私たちも自分の事を深くみつめる機会が必要です。自分がどんな人間か深く反省するとき、ちっぽけな弱い自分に気づき、大いなるものの力にすがりたい、という気持ちがわいてきます。そのおおいなるものが阿弥陀様でありお念仏の教えです。

阿弥陀さまは極楽浄土の仏様で、「どんな人でも私の名を呼べば必ず私の浄土に迎えてあげよう」と誓っているのです。私たちが「南無阿弥陀仏」と声にだして阿弥陀さまのお名前をお呼びすれば必ずこたえてくれます。
お念仏は今生きている私たちに安心感と力強さを与えてくれます。他者に対する思いやりもうまれます。そして、毎日毎日を大切に生き、人生の終着の時には阿弥陀さまのお導きで、ご先祖が待つ極楽浄土に行く事が出来るのです。お念仏の教えは、希望と安らぎのすばらしい教えなのです。

宗教法人 正念寺

〒386-0503 上田市下武石396 電話・FAX番号0268-85-2104